「もっと優しい旅への勉強会」定例会報告

1994年12月 定例会の報告
「'94クリスマスパーティーの報告」

司会:井上理江 徳田真由子

日時:1994年12月17日(水)17時30分~20時15分

会場:スリランカレストランぱれっと

参加者:36名

「17時から始めます」とのご案内にもかかわらず、“勉強会タイム”で、続々と集まりはじめたのが、17時すぎという、今年のクリスマスパーティーは、2年続いた日本赤十字社本社ビルから、「新しいところがいい」という提案で選ばれました。

所は、東京でも今一番トレンディーな≪恵比寿ガーデンプレス≫とは、駅を挟んで反対側にある『スリランカレストランぱれっと』。今年の会場は、ビルの2階なので、車いすを使っている方は、裏からエレベーターで昇ってもらいました。もっともエレベーターまでにも階段が4段あったので、そこは、日本アビリティーズ社からスロープをお借りして対処。今年は盲導犬を連れた方の参加も始めてありました。それも3頭。でもパーティー中はテーブルの下で大人しく我々の騒ぎを見物していました。

今年の料理はもちろんエスニックな、フィッシュカツレツ、パパダン、デビルポテト、チキンカレー、マトンカレー、ベジタブルカレー、ダールカレー、ココナッツロティ、ゴーダンバロティ、イエローライス、オニオンサラダと色とりどりの料理に、飲み物は、もちろん御当地?エビスビール、オレンジジュース、ウイスキーというメニューが並べられました。

司会は井上&徳田嬢のコンビで、乾杯の音頭は勉強会代表の草薙氏。もっとも始まるまでに時間が経ちすぎて、すでに飲んでいる人がチラホラとそこかしこに。プログラムはあまり考えてもしょうがないと言うことで、自己紹介とビンゴゲームの二つだけ。自己紹介は、「今年行った旅行」というテーマで一言。旅行に行かれた先は、国内で北海道、岩手、京都、九州、関西、北陸。海外では、韓国、香港、マレーシア、バリ島、ハワイ、アメリカ、オーストラリア、フランス、イタリア、イギリス、オーストリアetc。中にはボルネオに行った方も。車いすを駆って、また目が見えなくても、杖をついても、元気に各地を旅行している姿が見えるようです。また、盲導犬の利用者の方から、宿泊施設やレストランに盲導犬をつれての利用を断られるケースがまだ多く、旅行会社の方は、是非そのような施設に働きかけて欲しいとの提案が印象的でした。

ビンゴゲームは、JAL、ANAの両航空会社、フランス政府観光局、JTBトラベランド、毎日新聞がプレゼントスポンサーで、カレンダーやショルダーバック、Tシャツにテレフォンカード、美術展のチケットというバラエティーにとんだ物を1人1枚のカードに、去年に引続き1枚50円で買い増しをしてスタート。昨年と同じに沢山カードを買込んだ方もいましたが、これがなかなか当たるものではないという教訓は今年もビンゴ!のようでした。

始まる時間が遅ければ終わる時間も遅いという訳ではないのですが、19時30分には終わる予定が、結局20時15分過ぎという、盛り上がったパーティーでした。

そして、騒ぎ足りないという面々は、寒い寒い恵比寿の町へ消えて行ったのでした。

(文責:伊藤)

ページの先頭に戻る