「学び隊」活動報告

「学び隊」2002年度活動報告

4月3日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
今年の8月に予定されている「日本福祉のまちづくり学会」での研究発表に向けたまとめについて具体的な内容のたたき台を持ちよって検討しました。
5月9日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
今年の8月に予定されている「日本福祉のまちづくり学会」での研究発表に向け、原稿作成方針について話し合いました。
5月30日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
これまで数回にわたり、検討・作業を進めて参りました、日本福祉のまちづくり学会での発表論文が完成致しました。表題は「ADA(障害をもつアメリカ人法)等に現れた旅行の課題」執筆は草薙、黒嵜、石倉、吉田、徳田、曽根原が担当致しました。
7月10日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
今月の学び隊は、「日本福祉のまちづくり学会第5回全国大会」参加のための旅行手配関係の確認と、次回日程をきめさせていただきました。この日は台風のため早めに切り上げました。
8月8-10日 熊本市民会館ほか
「福祉のまちづくり学会」に参加し、論文発表を行いました。
詳しくは、こちらから
9月30日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
8月に熊本で行われた「日本福祉のまちづくり学会」での研究発表後最初の集まりということで、今後の「学び隊」の方向について検討を致しました。その結果、これからの一年間程度は、「歴史的建造物や自然とバリアフリーとの共存」を一つのテーマとして検討して行くことになりました。具体的には、実地調査やアンケート調査なども行いたいと思っております。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
10月29日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
「文化財保護法」について基本的なところを黒嵜さんにお話しいただいた後、具体的な研究手順の検討を行ないました。その結果、次回までに、研究対象となる文化財のリストアップして、実際に直した事例を調べるための準備作業を行い、文化庁や文化財に詳しい人とコンタクトをとることを分担することになりました。今後、来年7月に岐阜県高山市で行われる「日本福祉のまちづくり学会」での発表を目指します。これから実地調査やアンケート調査など。
12月5日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
「歴史的建造物とバリアフリーとの共存」をテーマとする第2回目で、実際に直した文化財のリストを文化庁から入手できたという黒嵜さんからの報告、善光寺福島住職にお話しをいただくことが基本的に了解されたという草薙さんからの報告、重文民家の改築等についての中子さんからの報告、研究対象となる東京近郊の文化財について徳田さんが作成したリストの紹介などが行われました。その後、今回草薙さんの紹介で学び隊に参加されたアンコールワットで現地のガイドをなさっている井上絹代さんから、アンコール遺跡のバリアフリー状況の紹介がありました。
1月21日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
草薙さんから「東京都立文化財庭園におけるバリアフリーのあり方について-検討報告書」の紹介・解説。曽根原から文化財保護法によって守られるべきものは何か(外観、本体、機能)、また学び隊の中で以前から議論の対象になってきている「本物とは何か」についての問題提起が行われました。
    
2月28日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
7月17日-18日に高山で開催される「日本福祉のまちづくり学会」での発表に向けた論文の作成をこの2回で行います。あと、何ケ所かについては、実際に行って、担当者の話をうかがう機会なども設けたいと考えております。候補地としては、善光寺、成田山、三十三間堂などがあがっています。
    
3月31日 4月24日 5月3日 19:00-21:00 フロンティア法律事務所
3月31日、4月24日に加えて、5月3日をクローズドとさせていただき、日本福祉のまちづくり学会での発表論文「文化財とバリアフリー」の作成作業を行いました。論文につきましては、7月の学会発表以降、本会ホームページの学び隊のページの中で公開させていただきます。なお、このテーマはしばらく継続します。日本福祉のまちづくり学会は、7月17日-18日、高山市文化会館にて「総合政策としての福祉のまちづくり」をテーマとして開催されます。

ページの先頭に戻る